2015/11/16

Lingerie Shopping



















画像はSofia CoppolaのThe Bling Ringのオープニングから。右側にAraksのJosephine。


秋冬の商品も揃って季節も追いついてきた頃、ショッピングがまた楽しくなってきました。
欲しい物があるとワクワクしますが、それと同時に物が増えることも心配に。近年、買い物で失敗をほとんどしないのでクローゼットの中は、好きな洋服ばかり。でも収納スペースは限りがあるから悩ましい問題が。夏にNYの友達と話していた時、日本の片付け本、みーんな実践していると聞いてびっくりしましたが、私も数年前、もちろんやっていました。断捨離ではない”ときめき”のほうです。でも今、後悔をしている洋服多数。特に、母が昔からとっておいた服が本物のヴィンテージとなり数年前に着ていて、でもこの先はもう着ないかな(ときめかない)と思って処分しましたが‥‥また着たくなりました、ハイウエストの太いパンツ!古い映画を見たり、Tumblrを見たり何を見てもあのパンツを捨てなければよかったと切なくなります。軽く5着以上は後悔している洋服があります。こ○ま○さん‥…この気持ちどうしたらいいのでしょう。そこで究極ですが、やっぱり下着は良いなとしみじみ感じています。まず圧倒的に場所を取りません。そして、ゴムが伸びたり、いい具合に使えなくなる時が来ます。一度着なくなったのに、また着たくなる日が来るという展開もない。さらに古い下着を着けていてはいけないという感覚が追い打ちをかけ、比較的楽にさよならできます。収納場所も小さく収まるので、綺麗にしまっていれば何を持っているかも一目瞭然、眺めても楽しめます。スリップ類はずっと着られるし、レースのブラなどはヴィンテージランジェリーとして観賞用に未来に残したり。下着は優秀です。洋服の買い物に少し問題を感じつつ、でも予定のない夜に何か買い物がしたい!!という気分になった時には、是非ランジェリーショッピングを‥‥。