2012/01/29

Beautiful Bottoms



















まだまだ外は寒いですが、サイトのトップページは明るくなってきました!
春夏の新作トップはBeautiful Bottoms。LondonのLaurenとPoppyの2人組がデザインするシルクランジェリーブランドです。The lingerie and her film での取り扱いは2シーズン目になります。私が初めてBeautiful Bottomsを知ったのはNYのtrade showで、偶然目に入った小さなブースはブランドのイメージが本当によく表されていてすぐに引き込まれました。シルク100%で統一されたコレクションはすっきりとしていて、シンプルなデザインがオリジナルプリントやそのプリントにもあうソリッドカラーを引き立てていました。リボンやフリルも決して甘くなりすぎず、繊細なシルクを使っているからといってナチュラルになりすぎる事もなく、あくまでスタイリッシュでセクシー。その場でオーダーしました。そんな出会いから早1年が経ち、来月また2人に会えるのを楽しみにしています:)  そして今回Londonから届いた2012年の春夏コレクションは、グレーとアイシーブルーが綺麗なDoveプリントとピュアホワイトのSwanシリーズです。是非チェックしてみて下さい---SHOP

2012/01/22

2012/01/05

Hello 2012

あけましておめでとうございます。去年は沢山のお客様にサイトを利用して頂きとても嬉しく思っています。ありがとうございました。
2012年、皆様にとって素晴らしい年でありますように。
The lingerie and her filmは2011年、2月にスタートしました。私がこのビジネスを始めたきっかけは日本では自分が欲しいと思うような下着が見つけられなかった事です。海外の映画やドラマで当たり前のように身につけられているような下着は見つからず、日本で手に入りそうな下着にはとても偏りがありました。27歳、ファッション や映画に興味があり、Sofia Coppola やJenna Lyonsのスタイルが好きで、年相応な大人になる事を望んでいます。そんな私が、年齢的にも上下2980円で売っているような下着は買わない、さらにデパートの何時も変わらないお花畑のデザインが大半を占める下着売り場で欲しいものはなく、かといってマダムな高級ランジェリーが欲しいということではないのです。日本の下着は機能重視と言われていますが、ありのままを素敵に見せる事とは逆の方向性のものが多く、常に何かを補正する下着が多い事にも疑問を感じています。
海外のデザイナーランジェリーには、求めていたものがありました。ベーシックラインからファッションラインまで幅広く、好きなファッションのテイストに合う下着に出会うことが出来たのです。誰に見せるでもなく自分の為に装う事の楽しみや、好きなデザインの下着を毎日身につける充実感は日本ではなかったことでした。実際日本にいる周りの人にランジェリーが好きで楽しんでいるという人は全然いない、むしろ”マシ”なものを選んで買っているという反応が多い状態だった事もすごく気になりました。洋服を選ぶようにランジェリーも選べたら、海外に行った時のお楽しみではなくいつでもインポートブランドのランジェリーを見る事ができたらと思いオンラインのお店を始めました。2012年も引き続きニューヨーク、ロンドン、パリからのランジェリーをお届けします。今年もランジェリーショッピングを楽しんで頂けたら幸いです:)